経営分析ソフト「SPLENDID21」の構造について

経営分析ソフト「SPLENDID21」の構造は、下記のようになっています。


str_01.jpg


企業の「成長」に関連性の強い財務指標は何かを莫大なデータより特定し、

特定された指標は、経営指標別へと分類されます。

分類された指標はグループ毎に統合計算され、一本の指標へと纏め上げられます。

「営業効率」 「資本効率」 「生産効率」 「資産効率」 「流動性」 「安全性」

上記の指標がグループ毎の経営指標です。

さらに、これら経営指標は企業の「成長」との関連性に応じて纏め上げられ、

最終的には1つの指標「企業力総合評価」が算定されることになります。


上記より、経営分析ソフト「SPLENDID21」は

会計学 × 経営学 × 統計学 × 認知科学

上記の4つの基盤により構成され、「経営の見える化」を実現したシステムとなっております。


このように指標を統合計算により纏め上げることはどのような効果があるのか、

3話構成で具体例を見てみましょう。