7-2流動性 ぱっとイメージでジャッジしてトレーニングしてみよう

流動性が良いのはどっちでしょうか。

 

Aですね。流動比率は高ければ高いほど良い指標です。

2つの貸借対照表を比較した場合、流動資産も流動負債も金額は違います。

違っても構いません。それぞれを割って比較してしまえばよいのです。

関連情報

  1. 7-1流動性はお金の払い易さ

  2. 7-3流動性の落とし穴 ①

  3. 7-4流動性の落とし穴 ②

おすすめ書籍のご紹介

トップコンサルタントの計数力

企業様向け製品情報

サンミラー くわしく見る 経営戦略に活かせる経営分析ツール 飲食衛星さくら くわしく見る 飲食店専用の経営分析ツール Visualization くわしく見る SuperStream-NXと自動連係で経営の見える化

会計事務所・コンサルタント様向け製品情報

Mナビマスター くわしく見る 財務分析報告(決算評価)できる経営診断ツール Mナビアーリー くわしく見る Mナビマスターを導入しやすい月々の料金プラン