7-4流動性の落とし穴 ②

超優良企業は「流動性」を意識的に低くしてきます。

それは緻密な計算があってのこと。

トヨタの流動性評価はほぼ10年、赤信号領域に入っています。流動比率は110%以下が基本です。
現金預金4兆円あると聞けば、流動性はMAXいいのではと思われ勝ちですが、流動負債は18兆円もあります。

さて、なぜ、トヨタは流動性を悪いままに放置するのでしょうか。

資産を保有するには資本コストがかかるのです。ですから、トヨタは現金預金、売上債権、棚卸資産を沢山持ちたがらないのです。ですから、流動資産が少なくなって流動性が悪いままになります。

では、利益が上がっていれば溜まってくる流動資産はそこへ行ったのでしょうか。

それは、投資!

資本コスト<投資利益を求めて資金移動します。つまり、流動資産が固定資産に変えられます。

 

 

関連情報

  1. 7-3流動性の落とし穴 ①

  2. 7-1流動性はお金の払い易さ

  3. 7-2流動性 ぱっとイメージでジャッジしてトレーニングしてみよう

おすすめ書籍のご紹介

トップコンサルタントの計数力

企業様向け製品情報

サンミラー くわしく見る 経営戦略に活かせる経営分析ツール 飲食衛星さくら くわしく見る 飲食店専用の経営分析ツール Visualization くわしく見る SuperStream-NXと自動連係で経営の見える化

会計事務所・コンサルタント様向け製品情報

Mナビマスター くわしく見る 財務分析報告(決算評価)できる経営診断ツール Mナビアーリー くわしく見る Mナビマスターを導入しやすい月々の料金プラン