ログイン
上場企業・飲食店・公認会計士・税理士向けの経営診断ツール
HOME »  取扱製品一覧 » 衛星さくら
衛星さくら
SPLENDID21 飲食衛星さくら

こんなお悩みはございませんか?

  • ライバル企業の動きがどうなっているのか知りたい

  • 店舗別に、経営状態の違いを把握したい

  • 財務分析指標を根拠に、経営会議を進めたい

  • 根拠ある分析に基づき、社内に危機感を持ちたい

  • 問題意識をもって、貪欲に攻めていきたい

飲食衛星さくらが、これらのお悩みを解決します!

導入されたお客様の声

  • D社 社長

    決算書を活用すれば明確

    ラーメンを30店舗チェーン展開していますが、このままラーメン店を増やしていこうか、新業態開発して多業態化するか社内で議論が分かれていました。業界での情報を集めてみても、答えは出ません。
    そんな折、上場飲食業100社以上が業態別に全て分析されている「飲食衛星さくら」を知り申し込みました。全ての会社が決算書の数字で評価されており、明確でした。10年とか長期に分析され、成長していれば右肩上がりだし、悪ければは黄や赤信号へ突入しており、社内の誰が見ても分かりました。
    自社も分析してもらいましたが、ラーメン業態自体に問題があり、それを解消してからの多業態化が着実に成長できるようです。
    数字に強い経営を一気に達成できました。
  • H社 経営企画室

    判断業務が楽になりました

選ばれている3つの理由

『飲食衛星さくら』の5つの特徴

過去を知ることで成功を獲得できる。

この言葉に反論を覚える人はいないでしょう。
なんの知識も経験もなく物事を始めるのは危険すぎます。

企業経営に置き換えてみましょう。
貴方は自社の決算書・財務諸表に含まれる数々の情報を知っていますか。
自社の経営の癖や問題点を知るには過去のデータを財務分析指標に変換し、徹底的に分析・研究することで、自社の問題点を抽出し、改善点や、あるべき方向性を抽出できます。

同じ外部環境であっても、自社の抱えている問題点が違えば、乗り切り方も変わってきます。

決算書・財務諸表(過去)を徹底的に分析・診断しましょう。
実現可能性が高い経営計画(未来)が見えてきます。
試算表(現在)で確認し、問題があればすぐに手を打ちましょう。

SPLENDID21は、企業成長を支援します。

まずは無料トライアルから!

無料トライアルに申し込む

導入までの流れ

無料トライアルに申し込む

安全の万全サポート体制

よくいただくご質問

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有