ログイン
上場企業・飲食店・公認会計士・税理士向けの経営診断ツール
HOME »  問題点抽出事例
問題点抽出事例
SPLENDIDID21を使ったグラフから、問題点を抽出した事例をご確認ください。

古き良き文化に安住していた昔優良企業の問題点

安全性が高く、財務体質は良好である。過去、利益も出て正しい納税姿勢を貫いていたことが伺える。
しかし、生産効率、営業効率、資本効率は低調で良くない。企業力総合評価は100点ギリギリ。

このような会社は、古き良き文化に縛られ、新しいことが出来ない。

続きを読む >>>

保守的経営で営業マン育成を怠っていた会社の問題点

安全性、流動性が高く、財務体質は良好である。

過去、利益も出て正しい納税姿勢を貫いていたことが伺える。

1人当たり売上高が4期連続下落しており、4年間の増収が約5,000万円に対し、従業員は5名増加している。

続きを読む >>>

売上を上げる力はあるが、財務に弱い会社の問題点

増収が激しく、営業効率も上がる為、企業力総合評価は成長トレンドであった。

4年間で売上が5億8397万円から10億410万円へと約2倍の増収を達成している。
1人当たり売上高は増加しているが、従業員5名の増加に対して、5億円の増収。
良い営業マンを入れ育っており、売上が伸びていることが推察される。

続きを読む >>
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有