ログイン
上場企業・飲食店・公認会計士・税理士向けの経営診断ツール
HOME »  経営分析の視点 » SPLENDID21について
SPLENDID21について
株式会社SPLENDID21は、経営分析を専門としている会社です。
当社は、経営分析ソフト「SPLENDID21」の利用権を販売・研修しています。

経営分析ソフト「SPLENDID21」を利用すると、企業における経営の巧拙を客観的に評価でき、改善点を一目瞭然にします。


さて、経営分析といえば、通常は以下のような指標があります。
 
売上高合計
売上高総利益
売上高総利益率
営業利益
売上高営業利益率
経常利益
売上高経常利益率
当期純利益
売上高当期利益率
資産合計
負債合計
純資産合計
総資本経常利益率
自己資本経常利益率
自己資本当期利益率
総従業員数
1人当たり売上高
1人当たり売上高総利益
1人当たり経常利益
1人当たり当期純利益
棚卸資産
売上債権
買入債務
棚卸資産回転期間
売上債権回転期間
買入債務回転期間
流動資産合計
流動負債合計
流動比率
当座資産
当座比率
現金預金
現金預金比率
売上高増加率
経常利益増加率
総資産増加率
従業員増加率
固定資産合計
固定負債合計
固定比率
固定長期適合比率
自己資本比率 etc

経営者は経営状況を把握すべき立場にあり、全ての指標を考慮した上で企業の経営状況を正確に評価・改善する能力が求められます。
上記の指標の全てを完璧に把握し続けることはできますか?
そして、上記の指標が個別バラバラに動いた場合、会社が良くなっているか否か判断できますか?
経営分析ソフト「SPLENDID21」では、その判断を瞬時に可能にします。

なぜなら、各種経営分析指標をたった1つの指標、「企業力総合評価」として纏め上げることを実現しているためです。
 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有